2018.03.02

2強対決・弥生賞で「空気を読まない
穴馬2頭」のトンデモ激走あるぞ

  • text by Sportiva
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

 牡馬クラシックの第1弾となるGI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)を占ううえで、最も重要視されるトライアル戦、GII弥生賞(中山・芝2000m)が3月4日に行なわれる。

 今年は、例年にも増して好メンバーが集結。さながら”プレ皐月賞”と言ってもよさそうな一戦となった。

 なにしろ、現在3戦3勝とこの世代を引っ張る有力2頭が参戦するからだ。

 1頭は、2歳王者決定戦となるGI朝日杯フューチュリティS(12月17日/阪神・芝1600m)を圧勝したダノンプレミアム(牡3歳)。そしてもう1頭は、レースの格が上がるごとに後続との差を広げ、無類の強さを見せつけているワグネリアン(牡3歳)である。

 クラシックを前にして実現する頂上決戦に、競馬ファンの間では戸惑いと期待の混じった複雑な思いが充満している。

 そのうえ、この2頭に加えて新馬、500万下特別と完勝した評判馬オブセッション(牡3歳)に、昨年末のGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)で2着となったジャンダルム(牡3歳)までもが参戦。早くも世代の頂点を決めるかのような顔ぶれがそろい、クラシックの”プレ”感が一層強まっている。

 こうなると、伏兵馬が穴を開けることは考えづらい。現に、リオンディーズ(1番人気)、マカヒキ(2番人気)、エアスピネル(3番人気)の3頭が圧倒的な人気を形成した2016年は、その3頭が上位を独占(1着マカヒキ、2着リオンディーズ、3着エアスピネル)。穴馬の出番はまったくなかった。