2018.01.14

兄よ姉よ、見ててくれ。タンタフエルサは
着実にクラシックの夢を追う

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 その辺の事情について、先述のトラックマンが続ける。

「兄も姉もクラシックには乗りましたが、スタッフは『使いつつよくなっていった』と話しており、晩成タイプと捉えているようです。タンタフエルサに対するイメージも、その点は変わらないみたいです。ゆえに、陣営としては早急な結果を求めておらず、『兄と同じくいいモノは持っているので、レースの中で成長していけば(秘めた能力が)開花するかも』と、ゆったりと構えています」

 タンタフエルサのここまでの過程は、決して順風満帆だったとは言えない。そういう意味では、兄や姉のリベンジを期待するのは酷なような気もするが、その資質は兄や姉にも劣らないという。

 ならば、まずは兄や姉がたどり着いたクラシックの舞台に立つことを目指してほしい。その第一歩となるデビュー戦の走りに注目である。

日経新春杯、「お年玉」を運んでくる初夢穴馬が3頭いる!>>

京成杯で狙える「1勝馬なのに大物」とは?>

■競馬 記事一覧>>