2017.12.01

チャンピオンズCの過去3年が
「ボーナス穴馬3頭」の名を教えてくれた

  • text by Sportiva
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 次に、2015年に12番人気で優勝したサンビスタ。同馬も、直近で好成績を収めていながら人気の盲点になったタイプだ。その年、地方交流重賞で3勝を挙げ、前走でも地方交流GIのJBCレディスクラシック(大井・ダート1800m)で2着と堅実な走りを見せていたものの、ほぼ無印だった。

 というのも、好走したすべてのレースが"牝馬限定戦"だったからだ。牡馬一線級が集まる舞台では、さすがに通用しないと見られて人気が急落した。

 それでも、近走の好調ぶりを生かして戴冠。ものの見事に強豪・牡馬勢を蹴散らした。このサンビスタの結果からわかるのは、好結果を続けていながら、それらのレースの相手レベルや条件に疑問符がついて嫌われてしまう馬が狙える、ということだ。

 今年、そのタイプに近いのは、コパノリッキー(牡7歳)である。

中央、地方交流合わせてGI通算10勝のコパノリッキー 中央・地方交流合わせてGI10勝の実績を誇る同馬は、今年もかしわ記念(5月5日/船橋・ダート1600m)と、マイルCS南部杯と地方交流GIを連勝。前走でも、地方交流GIのJBCスプリント(11月3日/大井・ダート1200m)で2着と好調を維持している。