2017.09.02

穴党記者も悩み抜く新潟記念。
「万馬券」は、この6頭の中に隠れている

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 夏のローカル開催を締めくくるGIII新潟記念(9月3日/新潟・芝2000m)。重賞勝ち馬が5頭参戦し、一見好メンバーがそろったように見えるが、それぞれ一長一短あって信頼度は薄い。また、予想を悩ます微妙なハンデキャップが設定され、レースの難解さは増している。

 レースを占う穴党記者たちの見解は、「ローカルのGIIIと言えば、それらしいメンバー構成ではあるが、そのレベルにはやや疑問がある」という点、さらに中心視されるアストラエンブレム(牡4歳/父ダイワメジャー)の取捨については、意見が一致する。

 アストラエンブレムについて、デイリー馬三郎の木村拓人記者はこう語る。

「気性的にも2000mの距離は若干長そうに感じます。折り合いがつくようになったとはいえ、もともと行きたがるタイプ。新潟の外回りはスローになりやすい、という点でも不安があります」

 スポーツ報知の牧野博光記者はこんなふうに見ている。

「調教師は『今回が試金石』としながらも、その言葉からは”正直ギリギリかも”というニュアンスも感じられました。また、アストラエンブレムは重賞未勝利にもかかわらず、ハンデ56.5kgというのは見込まれすぎた感があり、最後の最後でそれが影響しそうな気がします」

 とすれば、今年の新潟記念はいよいよ波乱ムードが漂う。