穴党記者が吟味。レパードSは
この3頭に「打倒エピカリス」を託す

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

「ベルモントSは、現地主催者の判断で出走取り消しとなりました。出走しようと思えば、出走できる状態だったようで、回復に手間取ることはないと思います。それに、管理する萩原清調教師は馬を大事にして、慎重に(馬の)状態を見極めるタイプのトレーナー。GIならいざ知らず、夏のGIII戦ですからね、何か不安があれば、出走してこないでしょう。

 言い換えれば、力を発揮できる仕上がりで、なおかつ恥しい競馬をしない自信があるからこそ、使ってきたと判断できます。穴党であっても、対抗より下には下げられない、というのが正直なところです」

 これには、デイリー馬三郎・関東の木村拓人記者も同意する。

「アメリカ遠征は、何もしないで帰ってきたようなもの。ダメージと言えば、輸送の疲れくらいですから、実績からして(エピカリスには)ここでは逆らいようがないですね。"荒れる"とすれば、順番違いか、盲点の馬が突っ込んでくるパターンでしょうか」

 穴党記者からも一目置かれるエピカリス。断然の1番人気になることは必至で、過去の実績からも大崩れはなさそうだ。が、穴馬の出番はまったくないのか、と聞けば、「ゼロではない」と穴党記者たちは口をそろえる。

 もし波乱を起こす馬がいるとしたら、どんなタイプなのか。デイリー馬三郎・関西の吉田順一記者はこう語る。

2 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る