2017.06.17

ユニコーンS「穴馬の法則」に
ハマる4頭が、砂の向こうに見えてきた

  • text by sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 ダート戦線において、将来有望な3歳馬が集うGIIIユニコーンS(6月18日/東京・ダート1600m)。中央で行なわれる3歳のダート重賞としては上半期で唯一のレースということもあって、例年世代を代表する強豪メンバーが勢ぞろいする。そのため、過去10年を振り返っても、それなりの堅い決着となっている。

 例えば、勝ち馬を見ると、1番人気が5勝、2番人気が2勝、3番人気が3勝と、伏兵が大金星を挙げたケースは皆無。3着までの馬券圏内も、ほとんど上位人気で占められている。

 では、穴馬に出番がないかというと、そうとも言い切れない。2012年に8番人気で3着入線を果たしたタイセイシュバリエや、2013年に同じく8番人気で3着に入ったサウンドトゥルー、2015年に9番人気で2着と好走したノボバカラなど、8番人気以下の伏兵が2着、3着に突っ込んでくることはある。

 大きな配当を狙うなら、そんな2、3着に飛び込んでくる人気薄を見出すことだ。そこで、前述した3頭を参考にして、今年波乱を起こしそうな「穴馬」を探してみたい。

 まずピックアップしたいのは、タイセイシュバリエとノボバカラ。実は2頭の臨戦過程には共通点がある。”オープンクラスのレースで好走しながら、人気を落としていた”ということだ。