コース適性と世相で読む。有馬記念は
「3頭の伏兵馬」で懐がホッカホカ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 今年の戦績から、今回はおそらく上位人気にはならないだろう。そうした気楽な立場となって、ミッキークイーンらしい切れ味が炸裂。久しぶりの美酒を味わっても不思議ではない。

 近年、混合GIで牝馬が優勝するケースが増えている日本競馬界。人間の世界でも「女の時代」と言われる中、競馬界もその傾向がますます強くなっている。

 加えて、有馬記念は世相を映すレースとも言われる。思えば、今年のリオデジャネイロ五輪では、女性アスリートの活躍が目立ち、彼女たちが多くメダルを獲得し、人々に感動を与えた。そうした世の中の流れを踏んで、有馬記念でも優秀な牝馬たちが強豪牡馬を一蹴し、感動的なフィナーレを飾ってくれるかもしれない。

 今年のクリスマスは、美しく、強い牝馬たちからの、懐温まるプレゼントを期待したい。

■競馬 記事一覧>>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る