2016.09.26

冠名「サトノ」&池江厩舎の高馬。
今年の期待馬アーサーの前評判

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

「体のパーツはしっかりしていますし、育成中に幅が出てきて、値段に見合う馬になってきました。背中やトモ(腰から後脚の付け根までの部分)の使い方はいいものがありますし、ストライドがとても大きいです」

 同馬は現在、所属する池江泰寿厩舎(栗東トレセン/滋賀県)に入厩し、精力的にトレーニングを積んでいる。こちらに来ても、エリートらしさは見られるのだろうか。関西競馬専門誌のトラックマンが、その様子を伝える。

「ディープインパクト産駒らしく、馬体重は460kgほどの中型サイズ。ですが、見た目やシルエット、馬体はまさに"高馬の雰囲気"ですね。スタッフは、『トビが大きいタイプで、軽くスピードの出る芝が合いそう。実戦にいってよさが出るタイプではないか』と話しています」

 同馬のオーナーは里見治氏であり、このオーナーと厩舎の組み合わせは、今年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)で2着となったサトノダイヤモンドと同じ。この馬もセレクトセールで2億3000万円(税抜)の高値がついて、デビュー前から話題となっていた。

 おかげでサトノアーサーは、そんな厩舎の偉大な先輩と比較されることが多いという。ただ、その点については慎重なジャッジが必要なようだ。先述のトラックマンが続ける。