2016.05.26

マカヒキvsサトノダイヤモンド。2400mのダービーに向くのはどっち?

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki  村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 まずは2着のマカヒキ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)。昨年10月の新馬戦(京都・芝1800m)、今年1月の若駒S(京都・芝2000m)、3月のGII弥生賞(中山・芝2000m)と、無傷の3連勝。特に弥生賞では昨年の最優秀2歳牡馬リオンディーズを差し切り、強烈なインパクトを残した。父ディープインパクトと同じ道を歩んで臨んだGI皐月賞では、後方追走からメンバー最速の上がり3ハロン33秒9の豪脚を見せ、ディーマジェスティから1馬身1/4差の2着に入った。これで父ディープインパクト同様に、デビューから4戦連続で上がり3ハロン最速を記録。平均33.4は父の33.7を上回る数字だ。ダービーでもかなりの人気を集めるだろう。

 マカヒキの全姉ウリウリはGIII京都牝馬S、GIII CBC賞と、1200~1600mの重賞を2勝しているスピード馬。それだけに距離の不安も取り沙汰されているが、母の父フレンチデピュティは昨年のGIジャパンCを勝ったショウナンパンドラと同じ配合で、祖母の父レインボウコーナーの父は凱旋門賞馬レインボウクエスト。スタミナ血脈も兼備しており、2400mの距離は克服可能だろう。

 一方のサトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)も、昨年11月の新馬戦(京都・芝2000m)、12月の2歳500万下(阪神・芝2000m)、2月のGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)と、こちらもデビューから3連勝で重賞制覇。同レースでは2着馬に3馬身1/2差をつける圧勝だった。