2016.04.22

大本命が沈む波乱。オークスに向けて激変の「3歳牝馬番付」

  • text by Sportiva
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第5弾)

 牝馬クラシック第1弾の桜花賞(阪神・芝1600m)が4月10日に行なわれた。断然人気の2歳女王メジャーエンブレムがまさかの4着。代わって、桜の女王の座に就いたのは、新種牡馬ヴィクトワールピサ産駒のジュエラーだった。

シンハライトとの叩き合いを制して桜花賞馬となったジュエラー トライアル戦のGIIIチューリップ賞(3月5日/阪神・芝1600m)に続いて、ジュエラーと再び激闘を演じたシンハライトがハナ差の2着。その上位2頭から1馬身4分の3差の3着には、GIIフィリーズレビュー(3月13日/阪神・芝1400m)2着で出走権を得たアットザシーサイドが入った。

 波乱の決着となった桜花賞。人気で敗れたメジャーエンブレムはオークス(5月22日/東京・芝2400m)ではなく、GINHKマイルカップ(5月8日/東京・芝1600m)へと矛先を変えた。今回はこれらの結果や経過を踏まえて、牝馬クラシック第2弾となるオークスに向けての『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牝馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。