2016.02.15

切れ味鋭い、マカヒキ。陣営は「父ディープと同じ道」を期待

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 マカヒキを管理するのは、栗東トレセン(滋賀県)の友道康夫厩舎。将来有望な若駒に対し、スタッフたちからはこんな評価が聞かれるという。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「マカヒキはかなりの切れ味を秘めていて、陣営では『典型的なディープインパクト産駒』という見方がされています。そのうえで、『乗りやすく、操作性が高い』とスタッフの誰もが絶賛。『今のところは、レースで引っかかるような面もなく、デビュー戦後に発症した鼻出血の心配もない』ということです」

 今年の3歳牡馬クラシック戦線は、良血の実力馬が目白押しでハイレベルの様相を呈している。おかげで、マカヒキも現状では有力馬の一頭に過ぎないが、「そうした状況にスタッフは、『普通の年なら、もっと評判になっていい馬なんだけどね』と苦笑いしていました」とは、前述のトラックマン。マカヒキに対する陣営の評価の高さがうかがえるやり取りだ。

 マカヒキの今後の展望について、再びトラックマンが明かす。

「若駒Sは、スローペースからの瞬発力勝負。こういうレースをしたあとは疲れが出やすいのですが、マカヒキからそういった面は見られず、レース後もすこぶる順調のようです。一冠目となる皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)に向けて賞金も加算できたので、続く弥生賞では『メイチの仕上げではいかない。皐月賞と同じコースを経験するのが最重要』というのがスタッフの考え方。これまでは、ディープ産駒が得意な京都の軽い芝で連勝してきましたが、質の違う中山の芝でどんな走りを見せるか、注目ですね」