2015.11.16

【競馬】夢の良血リオンディーズ、デビュー戦は「伝説」に!?

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第25回:リオンディーズ

 2005年に日米のオークスを制し、同年のJRAにおける『最優秀3歳牝馬』と『最優秀父内国産馬』のタイトルを獲得したシーザリオ。ケガにより、わずか6戦(5勝、2着1回)のキャリアで引退することとなったが、その中で見せた走りは、ファンたちの記憶に深く刻まれるものだった。

 そして引退後も、彼女は母として、その実力を遺憾なく発揮。2013年のGI菊花賞(京都・芝3000m)と、2014年のGIジャパンカップ(東京・芝2400m)を制したエピファネイア(父シンボリクリスエス)を送り出した。

 とすれば、繁殖牝馬としての期待は膨らむばかりだ。今年もシーザリオの子がデビューに向けて調整され、大きな注目を集めている。

 リオンディーズ(牡2歳/父キングカメハメハ)である。

父キングカメハメハ、母シーザリオという超良血のリオンディーズに期待が膨らむ。 同馬を管理するのは、栗東トレセン(滋賀県)の角居勝彦厩舎。陣営の言葉からは、リオンディーズに抱く期待の大きさがひしひしと伝わってくるという。関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「10月下旬に入厩して、調教タイムはよくなってきました。それでも、陣営としてはまだまだ伸びしろがあると見ているようで、『もっとピリッとすれば、さらによくなるはず』と言っています。それだけ期待が大きいのでしょう。実際、『乗り味はよく、大事に進めたい馬』と言っており、同馬への評価がうかがえます」