2015.10.02

【競馬】スプリンターズS、過去10年の結果から見えた「3頭の穴馬」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 GIスプリンターズS(中山・芝1200m)が10月4日に開催される。秋のGIシリーズの幕開けを告げる「スプリント王決定戦」には多くのファンが注目しているが、そうしたファンの誰もが頭を抱えるほど、今年は稀(まれ)に見る”大混戦”となっている。

 短距離界の絶対王者として、GI通算6勝を挙げたロードカナロア(牡)が2013年に引退。以来、スプリント戦線は主役不在の状態が続いている。実際、今春行なわれたGI高松宮記念(3月29日/中京・芝1200m)も、香港馬のエアロヴェロシティ(せん7歳)が優勝。日本勢の人気馬は、”ホーム”でありながら完敗を喫した。

 そして今回、そのエアロヴェロシティは来日しない。代わって本命視されているのが、ベルカント(牝4歳/父サクラバクシンオー)、ウリウリ(牝5歳/父ディープインパクト)、ストレイトガール(牝6歳/父フジキセキ)という牝馬3騎である。しかし、どれも押し出された有力馬という印象が否めない。伏兵たちの逆転も十分に予想され、人気薄の馬が先頭でゴールするシーンがあってもおかしくない。

 そこで振り返ってみたいのが、過去にこの舞台で大金星を挙げた伏兵たちだ。名馬が人気に応えたシーンも多いスプリンターズSだが、前評判を覆(くつがえ)して勝利を飾った馬たちも決して少なくはない。例えば、過去10年を振り返っても、6番人気以下で勝った馬が3頭もいる。

◆2009年=ローレルゲレイロ(6番人気=単勝1380円)
◆2010年=ウルトラファンタジー(10番人気=単勝2930円)
◆2014年=スノードラゴン(13番人気=単勝4650円)※新潟開催