2015.06.08

【競馬】早くもデビューを迎える、リアルスティールの弟

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第2回:プロディガルサン

 ドゥラメンテ(牡3歳/父キングカメハメハ)の二冠(皐月賞、ダービー)達成に沸いた、今春の3歳牡馬クラシック。その路線において、タイトルこそドゥラメンテに譲ったものの、ライバルとしてしのぎを削ったリアルスティール(牡3歳/父ディープインパクト)の強さも印象に残った。

 リアルスティールは、昨年末のデビュー戦を快勝すると、2戦目でいきなりGIII共同通信杯(2月15日/東京・芝1800m)に挑戦。キャリアの少なさをものともせず、見事な勝利を飾った。2戦目での同レース制覇は史上初で、しかも2着は、のちの二冠馬ドゥラメンテ。この白星で、一躍クラシック戦線の主役に躍り出た。

 迎えたクラシック本番では、GI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)でドゥラメンテの2着。続くGI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)では巻き返しが期待されたが、まさかの4着に沈んだ(※のちにレース中の骨折が判明)。

 それでも、リアルスティールが見せた能力は、栄冠を手にしてもおかしくないレベルにあった。だからこそ、多くのファンの視線は、これからデビューするリアルスティールの弟に注がれている。

兄リアルスティールが果たせなかったクラシック制覇が期待されるプロディガルサン。 その弟とは、プロディガルサン(牡2歳/父ディープインパクト)。兄とまったく同じ血統構成を持つ同馬は、来年のクラシックを目指して、早くも6月20日の2歳新馬(東京・芝1600m)で初陣を迎える予定だ。