2015.04.06

【競馬】ルメール騎手が分析「2015年クラシックの有力馬」

  • 新山藍朗●構成 text by Niiyama Airo
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

4月特集 春競馬、クライマックス(1)

まもなく開幕する2015年春のクラシック。今年、その舞台に初めて挑み、なおかつ活躍を期待されるのが、JRAの騎手免許(通年)を取得したクリストフ・ルメール騎手だ。そんな彼に、クラシック初参戦への意気込みと、勝ち負けが期待できる有力馬について話を聞いた。

 JRAの騎手免許を取得した僕が、一番楽しみにしているのは、春の3歳クラシック()に参加することです。
※牝馬戦線=桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)、オークス(5月24日/東京・芝2400m)。牡馬戦線=皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)、ダービー(5月31日/東京・芝2400m)

 というのも、これまで短期免許を取って日本で騎乗していたのは、秋から冬にかけてのシーズンでした。そこで期限が切れてしまって、春のクラシックシーズンに騎乗する機会はありませんでしたからね。

 その分、日本のクラシックについては、いろいろな方々から話を聞いて、ビデオでも何度も見てきました。桜花賞、皐月賞、オークス、ダービーと、春の柔らかい日差しのもと、桜が咲き乱れていたり、新緑が輝いていたり、という景観の中で行なわれるレースは、すべてがとても華やいでいて、素晴らしいものに見えました。大観衆で埋め尽くされたスタンドもすごく盛り上がっていて、いつかこんな舞台で騎乗してみたいと思っていました。

 それが今年、念願かなって、ようやく実現します。すでに今、気持ちが高揚して、本当にワクワクしています。

 クラシックの騎乗においては、僕なりに研究し、勉強もしてきました。当然、今年の注目馬たちについても、しっかりとチェックしています。