2015.01.21

【競馬】クラシック戦線を血統でひも解く。名牝の仔、孫に注目!

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Nikkan sports

 今年の3歳馬で既に勝ち上がった馬の中にも、現役時代にGIを勝った牝馬の仔を多く見つけることができる。既に重賞で実績を残している馬には、札幌2歳S(GIII・札幌芝1800m)を勝ったブライトエンブレム(牡/父ネオユニヴァース、母ブラックエンブレム=秋華賞)、いちょうS(重賞・東京芝1600m)2着のネオルミエール(牡/父ネオユニヴァース、母シルクプリマドンナ=オークス)、京都2歳S(GIII・京都芝2000m)4着のフローレスダンサー(牝、父ハービンジャー、母ダンスインザムード=桜花賞)などがおり、その他にも今後に期待を抱かせる勝ちっぷりを見せている馬が多い。

 母馬だけでなく、祖母まで注目するとさらに対象馬が増え、シクラメン賞(500万下・阪神芝1800m)を勝ったポルトドートウィユ(牡/父ディープインパクト、祖母エアグルーヴ=オークスなどGI2勝)、新潟2歳S(GIII・新潟芝1600m)2着のアヴニールマルシェ(牡/父ディープインパクト、祖母キョウエイマーチ=桜花賞)、2歳王者決定戦・朝日杯フューチュリティS(GI・阪神芝1600m)2着のアルマワイオリ(牡/父マツリダゴッホ、祖母スエヒロジョウオー=阪神3歳牝馬S)などが注目を集めている。

 アルマワイオリは祖母が大駆け(9番人気1着)した同じ時期、同じコースで、祖母同様に波乱(14番人気2着)を演出。"血は争えない"とはよく言ったもので、おいしい思いをした祖母のファンもいたのではないだろうか。

 1993年のマイルチャンピオンシップ(京都芝1600m)を勝ったシンコウラブリイは3頭の孫が勝ち上がっている。ジャズファンク(牡/父ハービンジャー)が出走した1月5日の寒竹賞(500万下・中山芝2000m)には、同期のライバル・ニシノフラワー(桜花賞などGI2勝)の孫ニシノオタケビ(牡/父アドマイヤオーラ)も出走し、孫同士の対決が実現。ジャズファンクが2着、ニシノオタケビが6着という結果だった。