2014.04.10

【競馬】川田将雅が語る「ハープスターで今年は負けたくない」

  • 新山藍朗●構成 text by Niiyama Airo
  • JRA●写真

――大きな舞台(GI)を意識したのは、やはりそのときでしたか。

「そうですね。稽古で動くので、かなり走るとは思っていましたけど、(本番の)競馬であそこまでエンジンがかかったのは初めてでしたからね。GIIIのレースでこれだけの競馬をして勝ってくれたのだから、次に目指すのは、当然GIだと思いました」

――新潟2歳Sの勝ち方は強烈でしたが、反面、先々のことを考えた場合、道中でスムーズさを欠いていたというのは、ひとつの課題になったとも言えるのではないでしょうか。

「そこは、確かに課題です。だからといって、無理に道中のスムーズさを求め過ぎてしまうと、(テンションが高い)兄のようになってしまうのではないか、という心配がありました。だから、道中をよりスムーズに進んでいくことを求めるよりも、(前向き過ぎる)兄のようにならない方策を優先してきました。要するに、無理強いをしないで、道中、進まないこともよしとしよう、と判断したわけです」

――この話が、先ほどのチューリップ賞の話、川田騎手がハープスターの成長した点に挙げた「道中の運びがスムーズになった」という話につながるわけですね。新潟2歳S当時、唯一課題とされていたことが、今では解消されつつあると。

「チューリップ賞では、今まででいちばんいい走りができていましたからね。それは、ハープスターにとって、すごく前向きな材料になると思います」

――ならば、もう怖いものなしですね。桜花賞では、断然の1番人気になると思いますが、プレッシャーは感じていますか。

「それは、ありません。ただ、昨年末にもふたつの2歳GI(阪神JFと朝日杯フューチュリティS)で、それぞれ1番人気の馬に乗って、両方とも負けていますからね(朝日杯ではアトムに騎乗して5着)。あれは、自分でも情けないと思いました。それだけに、この春のクラシックでは結果を出さなければいけないと思っています」