2013.11.08

【競馬】「美人予想家」が推奨! エリザベス女王杯の「穴馬」

  • 浜野きよぞう●構成 text&photo by Hamano Kiyozo

4人の女神が大予想!
エリザベス女王杯は私にノッて!!

“荒れる”GIレースの代表格と言えば、エリザベス女王杯(11月10日/京都・芝2200m)。昨年も7番人気のレインボーダリアが優勝し、2009年には11番人気のクィーンスプマンテが1着、12番人気のテイエムプリキュアが2着となり、馬連配当が10万円を超えた。3連単は、1番人気のブエナビスタが3着に入線しながら、150万円を超える高配当となった。そして今年も、「大本命」のジェンティルドンナ(牝4歳)が不在で、どの馬にもチャンスがある。人気の盲点をつけば、夢の高配当をゲットしても不思議はない。ならば、ここは「オンナの戦いは女に聞け!」という競馬界に伝わる”格言”(?)にあやかるべきだろう。過去に、鋭い予想で高配当を手にしてきた”4人の女神”を直撃。とっておきの推奨馬を教えてもらった。

 ※4人の女神が推奨する馬の印は、◎=本命、○=対抗、▲=単穴、△=連穴