2013.10.05

【競馬】毎日王冠はエキストラエンド。距離短縮で開花した「良血」

 最大目標となるのは、次の天皇賞・秋。凱旋門賞(10月6日/フランス)に挑むオルフェーヴルこそ不在ですが、そこでは女傑ジェンティルドンナ(牝4歳)をはじめ、春の天皇賞馬フェノーメノ(牡4歳)、夏の上がり馬トウケイヘイロー(牡4歳)など、一線級のメンバーが待ち受けています。そうした面々を相手にして結果を出すためにも、たとえ休み明けとはいえ、ここでは恥ずかしい競馬はできないでしょう。また、天皇賞・秋出走を確実にするためにも、最低でも賞金を加算できる2着以内を確保したいところですね。

 ややうるさい面があって、折り合いには多少苦労するかもしれませんが、そういった気性だからこそ、久々のレースでも能力を発揮できるのが、ショウナンマイティの強み。実際、休み明けは2勝2着1回3着1回と、申し分のない実績です。本番に向けてどんなレースを見せてくれるのか、注視したいと思います。

ローエングリンの半弟という良血馬エキストラエンド。 さて、今回の「ヒモ穴馬」には、好メンバーがそろう中で唯一、1600万下からオープンに昇級したばかりのエキストラエンド(牡4歳)を指名します。

 ショウナンマイティよりひとつ下の世代で、実はこの馬もクラシック候補の一頭でした。前哨戦の弥生賞(2012年3月4日)で5着、京都新聞杯(2012年5月5日/京都・芝2200m)で3着と、出走条件をわずかにクリアできずにクラシック出走はなりませんでした。

 その後、秋を迎えてセントライト記念(6着。2012年9月17日/中山・芝2200m)から始動すると、以降は一貫して、芝2400mのレースを使われてきました。ところが2走前、一気に距離を短縮したレース(シンボリルドルフカップ/5月26日/東京・芝1800m)を使うと、それまでには見たことのない決め手を繰り出して快勝。1ハロン(200m)距離を伸ばした前走のジューンS(6月15日/東京・芝2000m)でも、終(しま)いの脚をしっかり使って連勝を飾りました。

 こういうケースは、非常に稀(まれ)です。おそらく3走前までは、同馬の体質や気性などを考慮して、あえてゆったりした競馬ができる長い距離を使っていたのだと思います。要は、馬の成長をうながしていたわけです。そして、満を持して使った1800m戦。そこで、ローエングリン(今年の皐月賞馬ロゴタイプの父)の半弟で、父ディープインパクトという、血筋の本領が発揮されましたね。

 この馬もまた、ショウナンマイティ同様、本来の適距離は1800m~2000mぐらいだと思います。素質も相当なものです。ここは、今後に向けて試金石となる一戦ですが、軌道に乗ってきた良血馬だけに、あっさりクリアして一気にスターダムを駆け上がっていっても不思議ではありません。

先週はブービー人気のマヤノリュウジンを高評価して万馬券的中!
大西直宏も驚いた【毎日王冠で高配当を狙える穴馬Joker】を無料公開中!!