2013.09.28

【競馬】乱ペース必至のスプリンターズS。条件合う「穴馬」を発見!

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 いよいよ本格的な競馬シーズンの到来ですね。9月29日には、秋のGI戦線の幕開けとなる、スプリンターズS(中山・芝1200m)が行なわれます。

 注目は、やはりロードカナロア(牡5歳)です。昨年のスプリンターズS(2012年9月30日)から、GIは破竹の4連勝。層の厚い香港のスプリントGI(2012年12月9日)に、今春はマイルのGI安田記念(6月2日/東京・芝1600m)まで制して、短距離路線ではタイキシャトル(1997年~1998年に活躍。フランスのジャック・ル・マロワ賞をはじめ、国内外のスプリント、マイルGIを5勝した名馬)以来の「絶対的存在」となりました。

 前走のセントウルS(9月8日/阪神・芝1200m)では、昨年同様に2着に敗れてしまいましたが、それは、本来スプリンターズSからの復帰予定を、あえて早めに使った結果。陣営としては、想定内の敗戦だったと思います。

 ロードカナロアにとって、最大目標はあくまでもスプリンターズS。安田記念のあと休養し、トレセンに戻ってきてからは、その大一番に向けて調整してきたところ、思いのほか早く仕上がってしまったのでしょうね。馬の調整過程において、ある程度(馬体が)仕上がってくると、馬の精神状態もレース仕様になってきます。その状態を数週間もキープするのは大変なことですから、ならばレースを使ったほうがいいと判断したのでしょう。

 まして、休養明けの場合は気負いもあって、非常にテンションが高くなりやすいもの。俗に言う「ガス抜き」をすることで、その後の好結果につながる場合があります。セントウルSは、まさにそんなケースだったと思います。結果的に2着と負けましたが、いい「ガス抜き」ができて、本番に向けての過程としては申し分ないと思います。

 時計、距離、展開、折り合い、決め手、すべてにおいて不安のないロードカナロア。唯一、道悪での競馬は見たことがありませんが、もし馬場が荒れたとしても問題なくこなしてくれると思います。連覇の可能性は、極めて高いと言えるのではないでしょうか。

 さて、今回の「ヒモ穴馬」ですが、指名馬をあげる前に、まずはレースの行方を左右する重要項目について考えてみたいと思います。