2012.05.19

【競馬】オークスで、ディープ産駒がついに『負のレッテル』を打ち剥がす!?

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Nikkan sports

 彼女はその後、年内に関西圏のレースを2戦して、3戦目の500万下特別を勝って2勝目を挙げた。暮れのGⅠ、阪神ジュベナイルフィリーズには出走しなかった。

 そこから少し休養をはさんで迎えた4戦目が、東京コース芝1600mの重賞(GⅢ)。このレースに出走した事情について、関西の競馬専門紙記者が次のように語る。

「オークスの前に、東京コースを1回経験させたかったということです。休み明けのうえ、距離も短いため、勝てるというほどの自信は、陣営にはなかったようです。だから、もし負けても、桜花賞は使わず、忘れな草賞(桜花賞前日に開催される阪神芝2000mのオープン特別)から最大目標のオークスへ向かう予定だったと聞いています。でも、そのいわば"ダメモト"の1600mの重賞を、彼女はあっさり勝ってしまうんです」

 東京の重賞を勝って、桜花賞出走に必要な賞金ラインをクリアすると、彼女は、当初「出られなければ出なくてもいい」という程度に考えていた桜花賞に駒を進める。ファンも、その本気度や、桜花賞のマイル戦(1600m)は彼女には微妙に短いと見たのか、当日は4番人気だった。

 そんな彼女の名前とは? その桜花賞で2着の、ヴィルシーナだ。

 やや距離不足で、オーナーや調教師も必ずしも目標としていたわけではない桜花賞で、ジェンティルドンナの強襲には屈したものの、それでもしっかりと2着を確保したのは能力の証。オークスはそこから距離が800m延びて、持ち味が生かせる。しかも、デビュー戦を勝ったときから「最大目標」と狙いを定めてきた一戦だ。まもなく行なわれるその舞台で、最も注目され、また、最も勝ちに近いのはこの馬だろう。