2019.08.13

セキ・ユウティン、3年目の飛躍。
「思った以上に長い道のりだった」

  • 水野光博●取材・構成 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato

――仲がいいんですね。

「はい。妹は中国ツアー、私は日本ツアーに参加しているので、今はあまり会う時間がないのですが、チャットができるアプリでいつも連絡を取り合って、ゴルフのことだけではなく、何でも話します。今日、つけているネックレスは、私の誕生日に妹がプレゼントしてくれたものなんですよ。私は、妹の誕生日に洋服とピアスをプレゼントしました」

この日のネックレスは妹さんからの誕生日プレゼントだという――優勝の瞬間、浮かんだのはどんな感情でしたか。

「ファンの方、スポンサー、コーチ、妹、多くの方たちへの感謝の気持ちです。なかでも、お父さんへの感謝の気持ちは大きいです。ゴルフを始めた時から、私の成績がよかった時も、日本ツアーに参戦して成績がよくなかった時も、必ずお父さんが私のそばにいて、いいアドバイスをしてくれたので、今の私があります」

――優勝賞金で何か買い物はしましたか?

「お父さんは赤ワインが好きなので、フランス産の赤ワインを贈りました」

――ステップ・アップ・ツアーとはいえ、日本での初優勝。中国ツアーでは5勝していますが、日本では勝利までに3年を要しました。その道のりは長かったですか。

「日本のツアーのレベルは高く、『簡単には勝てないだろう』とは思っていましたが、思っていた以上に長い道のりでした。やはり、簡単には優勝できません。がんばっている人がたくさんいますから」

――3年目の躍進の要因として、どんなことが挙げられると思いますか?

「ひとつは、環境に慣れることができたのが大きいと思います。日本ツアーはレベルが高いだけでなく、試合数も多く、コースの種類も中国とは大きく異なります。ようやく日本の環境に慣れることができました」

 また、精神的にも大きく成長できたと思います。