2017.04.22

【内藤雄士ゴルフレッスン】コースでも
丁寧にアドレスを作ることが大事  

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 なるほど。練習場のように打てない理由はどこにあるんでしょう?

内藤 特にユーティリティやアイアンで、地面から打つショットでのミスが目立ちます。原因はアドレスが間違っているからです。練習場の場合は、マットなど直線的なラインが多いので、スクエアに構える目安があります。それがコースではまったくなくなってしまう。視界が広がると、真っ直ぐ立っているつもりでも、きちんとアドレスできていないことが多いのです。

白石 対策はありますか?

内藤 練習場でやっていたように、ボールの後ろからターゲットを決めてからアドレスに入ることです。これを習慣にして丁寧にアドレスに入るようにしましょう。

白石 なるほど!確かに目の前のボールを打つことに必死になっていたのかもしれません。気をつけてみます。

ボールの後ろからターゲットをしっかりと決めてからアドレスに入るようにアドバイスを受ける白石さん。練習場とコースの違いはアドレスが狂いやすい点にあると内藤コーチは言う。