2017.04.13

【木村和久連載】同伴ミニスカ女子
をめぐる、オヤジと若者の補完関係

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 ただ、アマチュアの"オヤジ・ツアー"はもうエグくて、ここでは詳細を綴れません。おおよそ、昼はおとなしくゴルフをして、夜はネオンきらめく繁華街で大暴れ、という構図ですね。それは、ここ30年くらい変わっていません。夜、ハメを外すための口実、それがゴルフのようです。

 そういうオヤジたちは、若いシロウト娘のゴルフへの勧誘もマメにやって、決して怠ることはありません。SNSでサークルなどを作って、そこで若者を集めて結構楽しんでいるようですよ。

 ただし、SNSによる人集めは、オヤジ自らがやると見苦しさが際立って、みなさん引いてしまいます。そこで、前途有望な若者を見つけ、その人にサークルの運営や幹事をさせて、自分は陰の世話人となっています。実際のところは、名門コースの予約とか、料金の値引き交渉、あるいは取引先からくすねた景品を集めて提供するなど、陰、日向に咲く存在として、大いに活躍しているんですけどね。

 そんなですから、若者の幹事と結託して、コンペの組み合わせなどは思うがまま。気になる女性がいたら、同伴メンバーに加えるのは、お約束です。オヤジは、キャバクラで同伴に慣れていますから、エスコートもお手のものです。

 ここで、オヤジ復権の狼煙(のろし)を上げるべく、ありがたい言葉が登場します。

「オヤジは芝目5割増し」の法則です。