2017.01.28

【内藤雄士ゴルフレッスン】バックスイング2、
フォロー8の感覚で練習を 

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi.


白石 かなり難しいですね。何か効果的な練習法はありますか?

内藤 トップを小さくして、フォローを大きくする練習がいいでしょう。イメージ的には、バックスイングが2に対して、フォローが8の大きさの振り幅でスイングする感じです。

白石 バックスイングをそんなに小さくしたら飛ばないですよね。

内藤 ここでは飛ばなくていいんです。トップに上げたクラブを切り返し後に下ろしはじめて、腰を過ぎたあたりからヘッドを加速させたいんです。ボールよりも先のエリアでヘッドが加速する感覚をつかんでもらいたいんです。

白石 この練習をするときに、飛ばそうとしないこと以外に、気をつけるポイントはありますか?

内藤 腕はできるだけ柔らかくしておくことです。両脇が締まった状態で、かつ腕が脱力できていれば、切り返しで自然に間が作れるようになります。あとは5球連続打ちなどで、タイミングを体で覚えることです。今回の白石さんの質問はかなりレベルの高いテーマですよ。いい練習ができている証拠。コースデビューに向けて、頑張ってください。