2016.06.03

地元優勝を遂げたスピース。「マスターズの悪夢」は払拭できたか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 だが逆に、それが発奮材料になった。苦しい戦いの中、後半の10番から3連続バーディー。上がり3ホールもバーディーを奪って、2位に3打差をつけて快勝した。スピースが笑顔で語る。

「僕に向けた(野次の)言葉が何度も聞こえた。でも、あれですごく闘志が沸いてきた。それが、10番からの3連続バーディーにつながったんだ」

 さて、スピースはこの優勝で“マスターズの悪夢”から完全に立ち直ることができたのだろうか。

 ゴルフファンが完全に忘れてしまうまでには、相当な時間がかかるだろう。その時間がどれぐらいかかるかは見当もつかない。ともあれ、とにかくスピースは、大きな一歩を前に踏み出した。

 現在開催されているザ・メモリアルトーナメント(6月2日~5日)。会場のミュアフィールドビレッジGCがあるオハイオ州コロンバスは、世界ランク1位ジェイソン・デイの妻の地元。その分、デイの試合にかける思いは強いが、ここにはマキロイ、スピースも出場し、好調“ビッグ3”がそろい踏みである。

 今季メジャー第2戦、全米オープンを2週間後に控え、その前哨戦とも言える今大会で“ビッグ3”がどんな戦いを見せてくれるのか、大いに楽しみだ。

●ゴルフ記事一覧>

関連記事