2016.03.27

【木村和久連載】「100」を切らずして、ゴルフをやめるなかれ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 結局、やめる人は、消費と、搾取と、大叩きの“負のスパイラル”に陥り、何にもいいことがないから、やめるのです。

 逆の捉え方をすれば、ゴルフを継続する人は、「負けず嫌い」と言えましょう。やられたらやり返す。当初ハンデをもらっていたら、ハンデをあげるぐらいの腕前になって、相手を見返してやる。そういうガッツのある人が残ります。

 つまり、ゴルフ場には、現実生活の生存競争がそのまま持ち込まれているのです。だからゴルフ好きは、小金持ちで、わがままな人が多いのです。

 現実生活も競争、ゴルフも競争社会。勝ち上がっていくのは、「たまらなく楽しい!」という方はどんどんやりましょう。一方で、趣味やレジャーは切磋琢磨せず、「のんびりしたい」という方は、温泉めぐりや釣りとかね、そっちに行けばいいだけのことです。

 まあ、50歳を過ぎたなら、スコアを気にしないゴルフをやってもいいですが、若いうちは“勝ち負け”にこだわってほしいものです。とすれば、もうちょっとうまくなりましょうかね。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

ゴルフ記事一覧>

関連記事