久保建英は「歴史的偉業」を達成できるか 地元スペイン人記者が現状を分析、CLラウンド16突破への期待を語った

  • ウナイ・バルベルデ・リコン●取材・文 text by Unai Valverde Ricón

レアル・ソシエダはチャンピオンズリーグ(CL)でグループリーグを首位通過し、久保建英も決勝トーナメント進出に貢献した。今回はスペイン紙『ムンド・デポルティボ』でレアル・ソシエダの番記者を務めるウナイ・バルベルデ・リコン氏に、パリ・サンジェルマンとの対戦が決定したラウンド16について分析してもらった。

【パリ・サンジェルマンとの対戦が決定】

 まだラ・リーガのカディス戦が残されているとはいえ、2023年は久保建英にとって、サポートしつつ成長させてくれたレアル・ソシエダのおかげでトップレベルのプレーを発揮することができ、ラ・リーガのスター選手としての地位を確立した年となった。

 そして迎える2024年は自身のキャリアにおいて、これまでで最も重要な年となりそうだ。

久保建英のレアル・ソシエダはCLラウンド16でパリ・サンジェルマンと対戦が決定 photo by Nakashima Daisuke久保建英のレアル・ソシエダはCLラウンド16でパリ・サンジェルマンと対戦が決定 photo by Nakashima Daisukeこの記事に関連する写真を見る 来年は2つの大きな試練が待ち受けている。ひとつは年明けのアジアカップを日本代表の一員として戦うこと。もうひとつは自身初めてのチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメントに参加することだ。これに加え、2年連続のCL出場権獲得や国王杯優勝という目標もある。

 CLラウンド16の抽選結果は、ラ・レアルにとって全く易しくないものとなった。グループリーグを首位通過したにもかかわらず、予想に反して2位抜けとなったフランスの巨人パリ・サンジェルマン(PSG)が対戦相手という不運に見舞われたのだ。

 スペイン人監督のルイス・エンリケが率いるPSGは、フランス代表のエース、キリアン・エムバペがトップスターとして君臨。これまでは莫大な資金を投じて次々とビックネームと契約してきたが、今季はリオネル・メッシ(現インテル・マイアミ)、アンヘル・ディ・マリア(現ベンフィカ)、ネイマール(現アル・ヒラル)退団後の過渡期にある。

 スター選手の集合体ではなく、よりまとまったチームを形成するために多くのメンバー変更が行なわれたものの、CLのグループリーグを2位通過したことからもわかる通り、いまいちうまく機能していない。

 熱狂的なサポーターとの軋轢がチーム内に大きな問題を引き起こし、選手たちにとってマイナスにしか働かない多くの緊張やプレッシャーを生み出している。またルイス・エンリケ監督と報道陣の間ですでに何度か口論が起こり、エムバペがピッチ上で醜いジェスチャーを見せてしまうこともあった。

 リーグ・アンでは圧倒する強さをみせ、勝ち点5差で首位に立っているが(12月17日、第16節終了時)、CLでは"死のグループ"を突破するのに大いに苦労した。

 第5節ニューカッスル戦では、終了間際に物議を醸し出すPKの恩恵を受けて土壇場で引き分け(1-1)、最終節ドルトムント戦では敗退寸前まで追い込まれた(1-1)。最終的にラ・レアルよりも勝ち点が4少ない状態で次ラウンドに進出することになった。

1 / 4

プロフィール

  • 高橋智行

    高橋智行 (たかはし・ともゆき)

    茨城県出身。大学卒業後、映像関連の仕事を経て2006年にスペインへ渡り、サッカーに関する記事執筆や翻訳、スポーツ紙通信員など、リーガ・エスパニョーラを中心としたメディアの仕事に携わっている。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る