2021.12.25

マンチェスター・シティのこれぞポジショナルプレーの極み。いとも簡単にゴールが決まる仕組み

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
ベルナルド・シウバが中央でパスを受けたあと、マンチェスター・シティはどのように崩したか?

 マンチェスター・シティの勢いが止まらない。プレミアリーグ第18節、アウェーのニューカッスル戦を4-0の快勝でリーグ連勝を8試合に伸ばし、2位リバプールとの勝ち点差も3ポイントに広げた。

 前節リーズ戦で7-0というスコアで大勝して話題となったが、今節もアウェーながら圧倒的な攻撃力でニューカッスルを寄せつけなかった。

 さらに攻撃だけでなく守備でも、ここまで18試合で9失点の驚異的な数字を残し、攻守に隙がなく、手がつけられない状態だ。

 今回は、そのニューカッスル戦の3点目をピックアップする。

ベルナルド・シウバが前向きでボールを持った時、左サイドの2人はどのように動いたかベルナルド・シウバが前向きでボールを持った時、左サイドの2人はどのように動いたか この記事に関連する写真を見る  後半19分、ベルナルド・シウバが中盤の中央でロドリからパスを受け、相手のプレッシャーを受けながらも巧みに反転して前を向いた。

 相手のライアン・フレイザーとミゲル・アルミロンが、ベルナルド・シウバに寄せていく。これに対して、左サイドのオレクサンドル・ジンチェンコとラヒーム・スターリングはどのように動いて相手を崩したか、というのがQuestionである。