2021.10.10

ファン・ダイク10人はメッシ10人より強い? 現代のセンターバックは超人的な万能性が必要になった

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカー新ポジション論
第9回:センターバック

サッカーのポジションや役割は、時代ともに多様化し、変化し、ときに昔のスタイルに戻ったりもする。現代サッカーの各ポジションのプレースタイルや役割を再確認していく連載。今回は「センターバック(CB)」を取り上げる。昔に比べると大変な進化が見られるポジションで、現代のCBの活躍ぶりは超人的だ。

◆ ◆ ◆

現代のセンターバックの最高峰と言われる、ファン・ダイク現代のセンターバックの最高峰と言われる、ファン・ダイク この記事に関連する写真を見る <リベロの登場が進化をもたらした>

 長身で屈強、ボールコントロールにも長け、後方から組み立ての中心となる。セットプレーではヘディングの強さを生かして前線に上がって得点源となり、場合によってはサイドバック(SB)もこなすスピードを兼ね備え、ボランチをやるスタミナもある。

 現代のセンターバック(CB)は、超人的な万能性を帯びるようになった。

 さまざまなタイプのCBが活躍しているが、中央のDFに求められる資質の第一が守備力であることに変わりはない。とくにペナルティーエリア内での守備力、空中戦の強さは必須である。そのため昔からCBは長身で頑健なフィジカルエリートのポジションだった。

 そこに新たな概念が加わったのは「リベロ」の登場から。現在はほぼ絶滅したポジションだが、1960~80年代にかけてリベロは非常に重要なポジションだった。

 もともと味方の背後をカバーする役割だったリベロへの見方を一変させたのが、フランツ・ベッケンバウアーだ。ユース時代はセンターフォワード、西ドイツ代表でも1966、70年のワールドカップ2大会ではMFとしてプレーしていた。

 プレーメーカーとしてすでに世界最高クラスと認められていたが、1970年メキシコW杯後にリベロに収まり、1972年に最初のバロンドールを受賞している。ベッケンバウアーが画期的だったのは攻撃力を付つけ加えたことだった。

 ベッケンバウアー以前にも攻撃力に優れたリベロはいたものの、「皇帝」のように全権を握った選手はいなかった。本来のカバーリングだけでなく、後方ビルドアップの中心となり、さらに前線まで進出してラストパス、シュートまでやってのける。フィールドの縦軸を完全に支配するスタイルは、新しいポジションとして注目された。