2021.04.17

伊東純也はスピードを使わなくても好プレー。位置取りとパスの質でアシスト

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
伊東純也は、味方とどのようなコンビネーションで突破した?

 ベルギーリーグ第33節ゲンクvsシント=トロイデンの"リンブルフダービー"が行なわれた。

 ゲンクには伊東純也、シント=トロイデンには鈴木優磨や橋岡大樹、シュミット・ダニエルらが所属し、日本人対決としても注目を集める試合となった。

 試合は前半21分に伊東のクロスから、テオ・ボンゴンダが押し込んでゲンクが先制すると、直後の24分に伊東のアシストからブライアン・ヘイネンが追加点。その後も2点を追加したゲンクが、4-0の圧勝でダービーを制した。

 ゲンクはこの勝利でプレーオフ1への進出が確定。伊東は2得点に関与する活躍を見せた(後半15分に負傷交代)。

 注目は伊東がアシストを記録した2点目のシーンだ。

相手のクリアを拾った味方の横に伊東。このあとどんなプレーで相手を崩しただろうか相手のクリアを拾った味方の横に伊東。このあとどんなプレーで相手を崩しただろうか  シント=トロイデンの橋岡が、自陣深くからクリアしたボールを、ヘイネンが中盤中央で拾った。そのままガラ空きとなった中央を持ち上がると、右横には攻め残った伊東がいた。

 この状況からヘイネンと伊東は、どのようなコンビネーションで相手を崩しただろうか?