2021.02.22

香川真司、本田圭佑…ブランク後の華麗なる復活はあり得るのか

  • 中山淳●文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by MB Media/ AFLO

 ポルティモネンセ(ポルトガル)入りが幻となり、現在、無所属の本田圭佑。欧州の主要リーグでのプレーを望むなら、今シーズン終了までこの状態が続くことになる。

 一方、2月7日、新天地PAOK(ギリシャ)で約半年ぶりに公式戦のピッチに立った香川真司。まだトップフォームとはいえないものの、日本代表返り咲きを目指す香川の復帰は、日本のファンにとって喜ばしいニュースとなった。香川が前所属のサラゴサ(スペイン)との契約を双方合意の下で解除したのは、昨年10月のこと。以来、香川は無所属状態が続き、プレーすることが何より重要なプロ選手にとって屈辱的な状況にあった。

PAOK(ギリシャ)に移籍、明るい表情を見せる香川真司 半年も実戦から遠ざかることが、選手に深刻な影響を及ぼすことは容易に想像できる。しかし、サッカー界には、さまざまな理由によって長く実戦から遠ざかった後、見事に復活を遂げた例も少なくない。

 身近なところでは、日本代表GK川島永嗣も、過去に同じような経験を味わったことがある。2015年6月にスタンダール・リエージュ(ベルギー)を退団してから、次のダンディー・ユナイテッド(スコットランド)との契約が正式発表されるまでには、約半年の月日がかかった。しかしその後は、日本代表に復帰してW杯の舞台に立ち、現在はストラスブール(フランス)でレギュラーとして活躍している。

 同じことは現在マルセイユ(フランス)でプレーする長友佑都にもいえる。前所属のガラタサライで戦力外となって以来、約半年にわたって実戦から遠ざかっていた長友は、昨夏にマルセイユ入り。ここまでリーグ戦16試合に出場(2月21日時点)しているだけでなく、チャンピオンズリーグの舞台でもプレーした。

 日本人以外でいえば、元スペイン代表のサンティ・カソルラのケースは、近年のサッカー界で最も印象的な復活劇として挙げられる。

 2012-2013シーズンからアーセナル(イングランド)でプレーしていたサンティ・カソルラが右足首に大ケガを負ったのは、2016年10月のことだった。当初は手術を受ければ数週間で復帰できるはずだったが、術後も痛みが続いたため、改めてメスを入れてみると、状況が悪化していることが判明。結局、計9度もの手術を受け、実戦に復帰するまでには、実に2年近くもかかってしまったのである。