2021.02.16

伝説のヘディンガーは意外と小柄。跳躍力のアジャラ、日本代表の天敵FW…

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Getty Images

異能がサッカーを面白くする(5)~ヘディング編

アルゼンチン代表、ナポリ、ミラン、バレンシアなどで活躍したロベルト・アジャラアルゼンチン代表、ナポリ、ミラン、バレンシアなどで活躍したロベルト・アジャラ  身長が高い選手ほど有利な空中戦。繰り広げられる場所は主にゴール前だ。そこを主戦場にするセンターバック(CB)とセンターフォワード(CF)の空中における競り合いは、サッカーの醍醐味のひとつと言える。

 CB、CFは必然的に、長身選手の占める割合が高い。仮に175センチ以下をSサイズ、175~180センチをM、180~185センチをL、185~190センチをXL、190センチ以上をXXLとすれば、空中戦を優位に戦う上で一般的に求められる最低限のサイズは、CBはXL以上、CFでもL以上となる。

 ただ、大型選手が空中戦に勝利する姿を見ても、特段、驚くことはない。かつてリバプールなどで活躍したピーター・クラウチ(201センチ)を初めて見た瞬間、「背が高いだけじゃん!」と、憎まれ口のひとつも叩きたくなったほどだ。Sサイズである筆者の、やっかみ丸出しの感想になるが、長身選手をそれのみで安易にリスペクトすることはできない。

 それがクリスティアーノ・ロナウドになると話はやや微妙になってくる。187センチのXL級。シンパシーを抱きにくい巨大さではない。高い打点からくり出される強烈なヘディングが、天賦の才能だけではないことは、鍛え抜かれたその肉体美から透けて見える。

 サッカーゴールのバーの高さが244センチなので、ロナウドは67センチ以上ジャンプすれば、その高さまで到達する計算になる。実際、その高さを超えるような打点から繰り出されるヘディングシュートを、ロナウドは頻繁に披露している。

 2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝レアル・マドリード対マンチェスター・ユナイテッド戦の前半30分、アンヘル・ディ・マリアの左足センタリングを叩き込んだ同点弾。2019-20シーズンのセリエA、対サンプドリア戦。1対1で迎えた前半45分に披露した決勝のヘディングシュートも、左からのセンタリングだった。アレックス・サンドロの左足キックを、ファーポストに走り込み、高々としたジャンプから射止めた、これも語り草となるような一撃だった。