2021.01.23

冨安健洋がロナウド、イブラと対戦へ。CBとしても最高評価を獲得

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko
  • photo by Maurizio Borsari/AFLO

 冨安健洋は、いまやボローニャにとってなくてはならない存在だ。セリエAはここまで18節が終了しているが、冨安はそのすべてに先発フル出場している。セリエAの20チームには現在574人の選手が在籍しているが、フィールドプレーヤーで全試合にフル出場しているのは冨安とベネベントのカミル・グリクだけである。

 冨安がこれほど登用される理由は、彼がDFのジョリー(オールマイティーのカード)だからだ。左右両方のSBでプレーできる選手は多いが、CBも兼ねられる選手はそうはいない。

 イタリア1年目の昨シーズンは右SBとして活躍し、高い評価を得た。だが昨年の夏、ボローニャはそのポジションに元イタリア代表ロレンツォ・デ・シルヴェストリを獲得。冨安は今季からCBとしてプレーできるようになった。彼本来のポジションであるだけに、昨季以上の活躍が期待された。

 第2節のパルマ戦では、相手の決定機を体を張って阻み、イタリア各紙は彼に「7」(10点満点)という高い評価を与えた。次のベネベント戦でも、ほぼノーミスで最終ラインを固く守り、高評価を得た。

今季ここまで、すべての試合にフル出場を続けている冨安健洋(ボローニャ)今季ここまで、すべての試合にフル出場を続けている冨安健洋(ボローニャ)  しかし、第4節のサッスオーロ戦では77分にオウンゴールで相手に勝ち越し点を与えてしまう。続くラツィオ戦は、前半こそ良かったものの、チーロ・インモービレのオーバーヘッドでボールを戻すプレーに翻弄されて守備が遅れ、イタリアのメディアからは「意外性のあるプレーへの対応が不得意」と評された。その後しばらくは安定した守りの試合が続いたが、第10節のインテル戦ではロメル・ルカクと競り合ってフィジカルで負け、倒されて振り切られてしまった。現地紙は「まるで相撲だ」などと酷評した。

 第11節のローマ戦。冨安はいつものとおりCBとしてスタートしたが、サイドバックのイブラヒマ・エムバイェがケガで退場。後半から左サイドに移ると、左足でボールを蹴り上げ、敵の頭上を抜くDFらしからぬ繊細なプレーを披露した。この試合でボローニャは前半に5失点をして敗れたが、冨安のその見事なプレーは、スカイスポーツが「今日のファインプレー」のひとつに選び、セリエAの公式ツイッターにも動画が載せられた。