2021.01.12

「久保建英ショー」のデビュー戦。連係際立ったバルサ出身トリオ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●撮影 photo by Nakashima Daisuke

 ビジャレアルからヘタフェに移籍した久保建英(19歳)が1月11日、エルチェ戦の63分にいきなりデビューを飾った。久保にとっては久々の試合であり、一度もチーム練習はしていない。試合が大雪で1日延期されたことによって、思いがけず出番が回ってきた形だ。

 しかし、実力を見せるのに5分で十分だった。

エルチェ戦の63分、ヘタフェでのデビューを飾った久保建英 1-1で戦況が動きつつあった68分。久保は右サイドでカルレス・アレニャからのボールを受ける。対峙したディフェンスを幻惑するステップを踏みながら、シュートコースを作った。ドリブルと同じステップのため、シュートのタイミングが読みにくい。そして左足の振りは速く、インパクトは強かった。GKは前に弾くのが精いっぱいで、それを味方FWハイメ・マタが押し込む。これが逆転弾となった。

「久保がヘタフェに革命を引き起こす!」

 スペイン大手スポーツ紙『マルカ』は、派手な見出しでプレーを称賛している。久保は"革命家"になれるのか?

 ヘタフェでのデビュー戦、久保は決勝点をお膳立てしただけではない。

 4-2-3-1の右サイドに入った久保は、ボールを持つたび、相手に脅威を与えていた。久保の出場でトップ下からボランチに下がったアレニャ、左サイドのマルク・ククレジャとのコンビネーションのよさがとくに際立った。2人が久保と同じくバルセロナの下部組織で育っていることで、感覚的なものが初めてでも合うのか。長年プレーした者同士のように、クロスやスルーパスを巧みに引き出し、ゴールに迫った。

 80分、FWアンヘル・ロドリゲスの投入で4-4-2に変わった後も、久保は右サイドでプレー。カウンターでは、完全に抜け出したところを後方からスライディングを食らい、イエローカードを引き出した。相手の周章狼狽が伝わった。

 そして85分には、久保は3点目となるPKを誘発している。右サイドでディフェンスと対峙すると、わずかなタイミングを作って左足で完璧なクロス。この対応に苦慮した相手選手が、エリア内でファウルを犯したのだ。