2020.11.09

「久保建英をなぜ使わないのか」。
指揮官がスタメン起用をためらう理由

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 もっとも、ビジャレアルは現在、リーガで単独の2位(試合数は異なる)につけている。ジェラール・モレノは不動のエースであり、パコ・アルカセルもゴールを量産。チームとして結果を叩き出している状況だけに、指揮官としては大きく変える理由もない。

 久保の仕事はヨーロッパリーグで自らの正当性を示し、リーガでは少ない時間でもチームに貢献することだろう。今のプレーを続けるだけでも、じわじわと評価は上がる。必ず、潮目は来るはずだ。

 日本代表の欧州遠征でも、その進化を見せるだろう。右サイド、もしくはトップ下で、ルーキーを生かすような起用が望まれるが、久保はもはや新人の域は越えている。どのポジションでも適応できる、という逞しさを見せることで、最も輝くポジションを自らの手でつかみ取るはずだ。

関連記事