2020.11.09

欧州組日本代表の「将来性ナンバーワン」は久保建英か?冨安健洋か?

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

福田正博 フットボール原論

■ヨーロッパの各国リーグは序盤戦を終え、日本人選手たちの動向も見えてきた。欧州でプレーする選手たちだけで日本代表が組めるほど、多くの選手がプレーしているが、その活躍ぶりはどうだろうか。福田正博氏が評価した。

 ヨーロッパ各国リーグの序盤戦が終わったが、もっとも注目しているのがリバプールの南野拓実だ。ヨーロッパでプレーする日本人選手が海外組と一括に言われるなか、南野だけが、世界の頂点に立つビッグクラブに身を置いている。

ビジャレアルでの活躍が期待されている久保建英 リバプールへの移籍が、昨シーズン途中の1月だったこともあって、チームにフィットするのに難しさもあったようだが、今シーズンはキャンプから存在を着実にアピールできている。ただ、カップ戦ではスタメン出場しているが、リーグ戦やチャンピオンズリーグ(CL)ではまだスタメン出場の機会はない。

 彼がポジション争いをしているのは、ブラジル代表FWのロベルト・フィルミーノであり、最近はディオゴ・ジョタ(ポルトガル)という得点力のあるライバルも現れた。そう容易く出番を奪えるわけではないが、このレベルで日本人選手がポジション争いをしているのは、マンチェスター・ユナイテッド在籍時の香川真司以来と言える。

 南野の変化が目に見えて感じられたのが、先月の日本代表戦だった。自信が漲っていて、ピッチでの振る舞いも昨年までと大きく変わっていた。「これが世界最高峰のクラブでプレーする効果なのか」と思わされたものだ。

 世界トップレベルの選手たちのなかで日常的に揉まれながら、クオリティーや意識を高めている南野に、ほかの日本人選手が追いついていければ、日本代表はさらに将来に希望の持てるチームになる。

 ビジャレアルの久保建英は、注目度はすでに南野を凌いでいる感もある。だが、クラブの格で言えばリバプールに比べてビジャレアルは一段落ちる。それでもヨーロッパリーグ(EL)も戦うチームのなかで、久保が今シーズンどこまで成長できるのかは楽しみでならない。