2020.08.17

ネイマール×エムバペが最強である理由。即興コンビプレーの中身

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

世界の美女サッカー選手たちはこちら>>

Answer
ふたりのスイッチからネイマールが持ち出して突破

 ガラタサライの守備陣が、ふたりの即興のコンビネーションに翻弄されたシーンだった。いちばんのポイントは、エムバペのドリブルである。

ネイマールが外を回ってエムバペとスイッチ。フリーで抜け出してゴールを決めたネイマールが外を回ってエムバペとスイッチ。フリーで抜け出してゴールを決めた  パスを出したネイマールはゴール前へトップスピードで駆け出し、最後の局面でもう一度関わるイメージで、エムバペと近い距離感を保ちながら走り込んでいた。そして合図となったのがエムバペのカットインだった。

 ふたりは、ともに次にどうするのかを探っていたのだろう。エムバペはドリブルしながら、ネイマールは走りながら、お互いのアクションを待っていた。そして、ペナルティーエリアに入るタイミングでエムバペがカットインすると、ネイマールが呼応する形で背中側をオーバーラップした。

 それを見た瞬間、エムバペはさらに中へと進入し、相手DFふたりを十分に引きつけてから足裏でボールを落とした。対応したライアン・ドンクとスティーブン・エンゾンジは、エムバペを縦と横で挟み込んだつもりだったが、うまく引きつけられただけだった。

 入れ替わるようにボールを引き取ったネイマールは、そのまま縦に突破してフィニッシュ。崩しの形としてはお手本どおりだが、お互いのアクションの意図を瞬時に感じ合ったふたりの、阿吽の呼吸によるコンビネーションが重要なポイントになったゴールだった。

【動画】パリ・サンジェルマンのCLゴールハイライト
(ネイマール×エムバペのコンビプレーは、4分41秒~5分03秒)

関連記事