2020.08.15

久保建英とビジャレアル監督の共通点。
スペイン代表3人との連携に眼福の予感

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutshu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

シリーズ「リーガに挑んだ日本人」はこちら>>

 ビジャレアルに加入した久保建英(19歳)の最適なポジションはどこになるのか?

ビジャレアルでの入団会見に臨んだ久保建英 2019-20シーズン、ビセンテ・モレーノ監督が率いるマジョルカで、久保は主に右サイドアタッカーとしてプレーしている。右サイドから中央に切り込み、コンビネーションを作り、左足で決定機を作る。シュート精度も極めて高く、ほとんどが枠内に飛んでいた。

 それは、久保の有力なポジション候補のひとつだろう。

 しかし、それ以外の可能性もまだまだある。事実、マジョルカでも中央や左サイドで連係する力も示し、どのゾーンでも味方を生かし、敵を怯(ひる)ませる術を知っていた。飛び抜けたボール技術があることで、置きどころがよく、相手の重心を見極められるため、常に逆を取ることができる。逆を取った後の俊敏性も秀逸で、シュートの振りは際立って速い。相手を幻惑させるプレーを生み出すだけでなく、ゴールに迫ることもできるのだ。

 では、ビジャレアルの新監督に就任したウナイ・エメリは、どのように久保を生かすのか。

 ひとつ、久保とエメリには共通点がある。現役時代、エメリは久保と同じ左利きのサイドアタッカーだった。

「エメリは左利きのアタッカーで、センスを感じさせる選手だったね」

 当時、レアル・ソシエダのBチームの監督を務めていたミケル・エチャリは、指揮下の選手だったエメリについてそう証言している。

「戦術にも当時から熱心で、シーズン中に、"崩し切って最後はエメリのラストパスで勝負を決める"という攻撃練習を、何度も何度も重ねて完成させたことがあった。そして、実際にその場面が試合で訪れたことがあったんだよ。ところが、エメリはパスを出さず、自分で打った。それで外してしまってね。選手の判断に関しては尊重するが、あの時は珍しく口論になったのを覚えているよ」

 エメリの祖父は、スペイン国王杯を2度も制したことがあるバスクの伝説的GKのひとりだった。父も、アラベス、デポルティーボ・ラコルーニャ、スポルティング・ヒホン、グラナダなどで活躍したGK。まさにGK一家で、独特の深淵なるサッカー理論を熟成させたのかもしれない。