2020.08.01

欧州をざわつかせるアタランタ。ローカルヒーローの生きざまを見よ!

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第19回 ヨシップ・イリチッチ

<希少な長身レフティのアタッカー>

 2019-20シーズンのセリエAで注目を集めたアタランタ。順位もインテルと1ポイント差の3位につけ、残るは最終節のみ。現時点で98ゴールとぶっちぎりの得点力を誇る。

アタランタで活躍するヨシップ・イリチッチ(写真左)とアレハンドロ・ゴメス(同右) ユベントスやインテルのようなスター軍団ではなく、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の指導力が光るアタランタだが、そのなかでも不可欠の二枚看板がアレハンドロ・ゴメス(アルゼンチン)とヨシップ・イリチッチ(スロベニア)だ。

 2シャドーを組むゴメスとイリチッチは、身長165cmと190cmの凸凹コンビ。どちらもゲームをつくれて、アシストも得点もできるアタッカーだが、プレースタイルは対照的だ。

 キレのいいドリブルとパスでリードするゴメスに対して、イリチッチは長身らしいゆったりとしたプレーぶり。だが、懐に入れたら奪われないドリブルと正確なパス。そして十八番のカットインからの左足のシュートがある。

 イリチッチは主に中盤の右サイドでプレーするが、トップ下もやれるし、ボランチの経験もあるという。これだけの長身のサイドプレーヤーは珍しいかもしれない。

 サイドを担当する選手に求められる重要な能力がスピードだ。速さは筋肉の質にもより、速筋繊維の割合で決まるので生まれつきの才能と言っていい。

 イリチッチは遅くはないが特別に速くもない。スプリントを繰り返せるタフなタイプでもない。やはり優れた技術とビジョンがそれを補って余りあるので、サイドでプレーできているのだろう。

 長身のサイドプレーヤーで左利き――イリチッチと似た選手は、いそうでいないと思う。

 思い浮かぶのはピート・カイザーだ。1970年代のアヤックスの中心選手。正確な身長はわからないが、当時の映像を見ると明らかに周囲の選手より頭一つ以上大きい。180cm以上はありそうで、現在のフィールドにおけるイリチッチと似たシルエットである。