2020.06.08

ゴールもアシストも。得点に絡みまくる
ジェイドン・サンチョの強み

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ
〜勝負を決めるワンプレー~

Question
サンチョはどんなプレーを選択したか

 昨季、19歳だったジェイドン・サンチョはブンデスリーガ全試合に出場し、12ゴール14アシストを記録。ベストイレブンに選出され、アシストキングにも輝くというブレイクを果たした。今やビッグクラブが目を光らす、最注目アタッカーのひとりだ。

 サンチョの飛躍の理由は、この若さにしてアタッカーとしてのプレーの幅の広さにある。自ら突破しての得点はもちろん、巧みな動き出しや決定的なパス、ポジショニングで、味方を生かすこともできる。そのどれもハイクオリティであることは、ゴール、アシストの両面での高い数字が物語っている。

 その万能ぶりは今季も健在で、リーグで17ゴール、16アシスト(第30節終了時点)と、どちらも昨季を上回る数字を記録している。チャンピオンズリーグのインテル戦でもその攻撃センスの高さを示した。

右のハキミからパスを受けたサンチョ。このあと、どんなプレーを見せただろうか 後半32分、ボールを持ったアクラフ・ハキミが右サイドからカットイン。サンチョはハーフスペース(サイドと中央の間のエリア)に入って、ハキミからのパスを受けた。中央には味方もいる。さて、このあとサンチョはどんなプレーを見せただろうか。