2020.04.03

バルサの伝統の継承者はオランダ人。
メトロノーム型プレーの真髄とは

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第2回 フレンキー・デ・ヨング

<バルサでのプレーは宿命的>

 フレンキー・デ・ヨングは、ヴィレムⅡのユースチームの時から注目され、18歳でアヤックスと契約。アヤックスのリザーブチームであるヨング・アヤックスとトップチームの両方でプレーし、2016-17シーズンの最優秀若手選手に選ばれている。

バルセロナのMFとして活躍するフレンキー・デ・ヨング 17-18シーズンはトップのレギュラーに定着、マタイス・デ・リフトとセンターバックでコンビを組んだ。デ・リフト18歳、デ・ヨング20歳という若さである。当時のデ・ヨングは守備の安定感と配球力から、70年代に西ドイツで大活躍したフランツ・ベッケンバウアーに喩えられている。

 18-19シーズンは飛躍の年だった。欧州チャンピオンズリーグでの快進撃に貢献、ポジションも本来のMFに戻っている。このシーズンのパス成功率は91.4%だった。19-20シーズンはバルセロナへ移籍、中盤のインテリオール(インサイドMFの位置)またはピボーテ(中盤の底の位置)としてプレーしている。

「シャビやイニエスタのようになれる」

 アヤックス時代、クラブのOBであるマルク・オーフェルマルス(2000-04年にバルセロナでプレー)は太鼓判を押した。

「バルセロナでプレーするために生まれてきた選手」

 メディアはデ・ヨングのバルセロナ移籍を宿命的だと書いた。