2020.03.23

プレミアリーグも大ピンチ。コロナの影響で
今季終了なら損失額は1023億円

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 3月19日、プレミアリーグは中断期間を4月30日まで延長すると決めた。

 3月13日の時点では「中断期間は4月3日まで」とされたが、英国での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、当初の発表からわずか6日後に中断期間を1カ月近く延ばした。

はたしてプレミアリーグは再開されるのか 13日の時点では、英国の感染者数は「797名」で、死者は「10名」。しかし、19日には感染者数「3269名」と4倍近く上昇し、死者の数も「144名」と約14倍も増加した。プレミアリーグの決断は至極まっとうなものだ。

 とはいえ、13日の中断発表時から「4月4月からのリーグ再開は難しい」との指摘は多かった。いや、ほぼすべてだったと言えよう。

 英国政府が、これまでの「封じ込め」対策から、感染のピークを遅らせる「遅延」のフェーズに入ったと発表したのは3月5日のこと。政府の方針は、感染拡大のスピードを遅らせるのが狙いだ。

 事実上、感染者の増加を止めることはできないため、ゆっくりと増加させながら6月に感染者のピークを迎えるという。それゆえ、4月4日のリーグ再開は現実的とは言えず、英メディアでも「今季リーグ戦の再開の見通しが立たない」との意見で埋め尽くされていた。