2019.12.17

メッシが去り際までに求められること。
「後継者」育成か伝説数の更新か

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Getty Images

「自分の年齢は自覚しているよ。ひたひたと引退の日は近づいている。それまでフットボールを楽しむことにする」

 32歳になるリオネル・メッシは、史上最多6度目となるバロンドールを受賞し、家族や友人たち、ライバルを前にそうコメントした。

 メッシ自身、プレーヤーとして永遠ではないことを悟っている。だからこそ練習に打ち込み、今を大事にしているという。その結果、たとえばFKは精度が著しく向上した。今シーズン、セルタ戦では鮮やかなFKを2本、叩き込んでいる。

「バロンドールは欧州王者のリバプールの選手から選出されるべきだったのでは?」

 そうした意見もあるだろう。しかし、リバプールはチームとして栄冠を勝ち取り、それだけにチーム内で票が割れた。ひとりとしてメッシを上回るスペクタクルを見せる選手はいなかった。

 2018-19シーズン、メッシはチャンピオンズリーグとリーガ・エスパニョーラの得点王になっている。1試合1点以上の驚異的ペースで、カップ戦も含めると51得点を記録。そして今シーズンも、マジョルカ戦でクリスティアーノ・ロナウドの記録を上回る35度目のハットトリック(うち4回は4ゴール)を記録している。どのシュートも神がかっていた。

 アルゼンチンの英雄はすでに伝説だ。では、これからのメッシに求められることとは何なのだろう。

前節はレアル・ソシエダと引き分けたバルセロナのリオネル・メッシ「ロナウジーニョは恩人だ」

 メッシはしばしばそう言う。デビューしたての彼にとって、ロナウジーニョにかわいがってもらえたことは、恵まれていた。ブラジル人スターが寛大だったおかげで、メッシは自由奔放にプレーすることができたのだ。

 メッシはロナウジーニョのような役割を果たせるだろうか。

「お前はきっと俺を追い越すだろう。しかし、アンドレス(・イニエスタ)にはやがて追い抜かれるはずさ」

 ジョゼップ・グアルディオラはバルサの選手としての晩年、若いシャビ・エルナンデスにそう告げたという。その"予告"どおり、シャビは司令塔としてエースの座についたが、イニエスタよりも先にチームを去っている。