2019.10.04

スペイン2部で香川真司と岡崎慎司が元気。
柴崎岳はなぜ評価ダウン?

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Getty Images

 香川真司(レアル・サラゴサ)、岡崎慎司(ウエスカ)、そして柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)というロシアワールドカップ日本代表のメンバーの3人が、今シーズンはスペイン挑戦に乗り出している。

「彼らのようなスター選手が、2部のクラブに来てくれるなんて!」

 3人は各クラブで入団を歓迎され、1部昇格の期待も高まった。スペイン2部リーグは開幕して1か月半が経過。9試合を消化した。序盤戦を終え、その明暗が見えてきた。

 3人の現状と、1部昇格レースの行方は――。

サラゴサのトップ下でエースになりつつある香川真司 第9節終了現在、香川を擁するサラゴサは、1試合未消化で昇格圏内(1、2位が自動昇格、3~6位は昇格プレーオフ)の3位に位置している。失点数は6で、リーグ2番目に少ない。常にポジション的優位を取ることで守りを固め、その安定を攻撃にもつなげている。

「スペイン2部は守備の安定が昇格を左右する」

 そう言われるが、昨シーズンも上位7チームはイコール、失点数の少ない上位7チームだった。余談だが、得点ランキング5位までのゴールゲッターを擁したチームは昇格できていない。守備の組織を作って攻撃を促すチームが、昇格に近づけるのだ。

 その戦いの中、トップ下でエースになりつつあるのが香川だ。

「香川は抜きん出た技術で、決定的な仕事ができる」

 ビクトル・フェルナンデス監督は言う。指揮官はもともとトップ下のファンタジスタを好み、攻撃的サッカーを志向する。過去には、セルタでアレクサンダー・モストボイ、サラゴサでパブロ・アイマールを用い、旋風を巻き起こしたこともある。実務的な堅牢さを誇るチームに、ひらめきを与えられるのだ。

 香川の魅力は、ボールキープ力と相手の逆を取れるパスだろう。しかし、サラゴサではシューターとしても存在感が際立つ。第5節、エストレマドゥーラ戦ではリーグ2得点目を決めたが、エリア内でボールを受けると、パスよりもシュートの選択。相手に阻まれながら、こぼれた球を再度叩き込んでいる。