2019.09.19

CLデビュー戦で悲喜交々。南野拓実は
胸を張り、伊東純也はうなだれた

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by AP/AFLO

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)の2019-20シーズンが開幕した。今季、日本人はCL常連の長友佑都(ガラタサライ)に加えて、ザルツブルクの南野拓実と奥川雅也、そしてゲンクの伊東純也が初参戦となる。

 その初日、グループEではザルツブルクがホームにゲンクを迎えた。

CLデビュー戦で2アシストを決め、ザルツブルクの大勝に貢献した南野拓実 ザルツブルクはオーストリアリーグで6連覇中だが、CLでは過去13シーズンで11回予選に出場したにもかかわらず、すべて敗退。今季はカントリーランキングにより、本選からスタートすることができた。一方、ゲンクにとっては8シーズンぶりのベルギーリーグ優勝でつかんだ大舞台だ。グループEには、昨季の王者リバプールとセリエA2位のナポリがおり、ザルツブルクとゲンクにとってはなかなか厳しい組み合わせとなったが、両チームにとって、欧州のトップクラブと対戦するのはすばらしい経験になるはずだ。

 試合の決着は、早々についた。フル出場した南野拓実は胸を張る。

「自分たちの狙いどおりの試合運びができたと思います。前半、僕たちのチャンスをほぼ仕留めることができたのが、この結果につながったひとつの要因だと思います」

 試合開始から間もなく、ザルツブルクは、ゴール正面で後方からのパスを受けた南野がターンでディフェンダーをかわし、前方へパス。これをアーリング・ブラウト・ハーランドがダイレクトで決めた。鮮やかな先制点だった。

 初めてのCLの舞台で、ゲンクの選手たちはいきなり下を向くことになった。この試合に先発し、前半で退いた伊東がそれを認める。

「最初に1分で点を決められてしまって、ずっと相手の流れだったかなと思います。初めてのCLでしたが、ふだんと変わらず入れましたけど、やはり最初の一点で、みんな消極的なプレーになったと思います」

 その後もホームの声援を背に、ザルツブルクは小気味よく攻めた。前半34分、自陣の深い位置で奪ったボールを受けた南野が、前線にロングパスを送る。これをファン・ヒチャンがキープし、ゴール前に走り込むハーランドへラストパス、ハーランドはスピードに乗ったまま、GKの動きを冷静に見切ってネットを揺らした。シンプルなカウンターが成功した。