2019.09.18

オランダ最下層→1部で活躍。
ファン・ウェルメスケルケン際がいい働き

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 オランダリーグのズヴォレに所属する元U-23日本代表、ファン・ウェルメスケルケン際(さい)が9月15日のワールワイク戦で2アシストを記録し、チームの勝利に貢献した。

 右サイドバックで先発した際は27分、MFグスタフォ・ハマーからのミドルパスをダイレクトで中に蹴り込んだ。このプレーがゴール前で混戦を作るきっかけとなり、FWイリアス・ベル・ハサニの先制ゴールにプレアシストとして関与した。

今季ズヴォレに移籍してきたファン・ウェルメスケルケン際 ズヴォレは前半を1-2で終えたが、後半に入ってからは徐々に盛り返し、81分には際のスピードに乗ったクロスがイラン代表のFWレザ・グーチャンネジャードのヘッドにピタリと合って3-2と逆転。さらにはアディショナルタイムにも、MFムスタファ・サイマクとのワンツーから右サイドを抜け出した際が丁寧に折り返し、ハマーのゴールをお膳立てした。

 今季初のアシストとなった81分のクロスは、本人も「ピンポイントだった」と振り返った会心のもの。完全にフリーだったグーチャンネジャードがヘッドで軽く合わせた瞬間、際はバックスタンド手前で派手なガッツポーズを作った。

「練習中から(長身ストライカーの)レナート・ティがニアに行く決まり事があったので、キーパーとディフェンダーの間になるべく速いボールを送り込むことを意識した。レナートに相手DFがふたりついてきていたから、その背後のレザにクロスが合って本当によかった」

 グーチャンネジャードは56分からピッチに入ると、ひとりで4ゴールを決める大活躍。全国紙『アルヘメーン・ダッハブラット』は満点の採点10をつけた。交代出場した選手が4ゴールを決めたのは、オランダリーグ史上初めての快挙だ。

「レザはズヴォレのレジェンドですね。(夏の移籍市場の終盤で)ズヴォレに来たばかりですが、練習でもゴールから逆算して動き出したり、ボールを引き出したりするのが本当にうまい」

 アディショナルタイムにアシストした際のプレーは、右ハーフスペースを突いてゴールラインのギリギリまで侵入した落ち着きが光っていた。