2019.07.16

ポルト移籍の中島翔哉の未来に、
ポルトガル人記者が太鼓判

  • ジョゼ・カルロス・フレイタス●文 text by Jose Carlos Freitas
  • 竹澤 哲●翻訳 translation by Takezawa Satoshi

 中島翔哉のポルト入団のニュースは、ポルトガルにおいてもとても大きく扱われた。ポルトガル三大クラブであるポルト、ベンフィカ、スポルティングのうち、ポルトとベンフィカが獲得にあたり激しく競争したということからも、中島がポルトガルにおいてとても高く評価されていたことがわかる。

ポルトガル現地で高い評価を受けている中島翔哉 photo by AFLO いずれの選手もおそらく、ポルトガルの中小クラブでの成功を足がかりにして、ビッグクラブへの移籍を目指すような意図を持っていたのではないか。しかし中島の前の3人の中では金崎夢生と亀倉龍輝の2選手のみが、レギュラーとして登録されプレーするのを許された。

※注)昨シーズンは、長島滉大と権田修一がプレー。来季は安西幸輝が加入する。

 しかもこの2選手が加わった2013-14年シーズン、ポルティモネンセは2部に所属するクラブだった。金崎はブンデスリーガのニュルンベルクからやってきて38試合に出場。亀倉はブラジル人代理人のテオ氏を父親に持つ選手で、これまで86試合に出場している。

 このような前例があったので、中島翔哉がポルティモネンセにやってくると発表された時も、『また日本人選手が夢を追いかけるためにやってきたのだろう』といった程度にしか受け止められず、ほとんどのメディアも彼がポルトガルの1部チームにおいて活躍するとは予想していなかった。

 ところが中島はチームに加わってすぐにメディアを黙らせる大活躍をやってのけたのだ。3試合目の出場となるフェイレンセ戦、中島の2ゴールで、ポルティモネンセは2-1で勝利。さらに翌週、ポルトの本拠地ドラゴン・スタジアムで行なわれたポルト戦は2-5で敗れたものの、中島がまたしても2ゴールを決めている。この時点で、中島はメディアから「シーズン最大の注目選手のひとり」に挙げられた。