2019.05.06

シント・トロイデンに勝利。完全復活へ
森岡亮太に精気が蘇ってきた

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 5月4日、シャルルロワがシント・トロイデンとの首位攻防戦を2−0で制し、プレーオフ2(※)グループAのトップに立った。

※プレーオフ2=レギュラーシーズン7位から15位までの9チームに、2部リーグの2位以下3チームを加えた12チームで行なわれる。

 グループA首位のチームはグループB首位のチームとプレーオフ2優勝決定戦を戦い、その勝者はプレーオフ1の4位チーム(※)とヨーロッパリーグ出場権の切符をかけて争う。

※プレーオフ1はレギュラーシーズン上位6チームで行なわれ、その結果で最終順位が決定する。ただ、ヨーロッパリーグのグループリーグにストレートインできるベルギーカップ優勝チームのメヘレンが昨季の八百長騒動に絡んだことで処分を受ければ、フォーマットが変更する可能性もある。

シント・トロイデン戦でもキレのあるプレーを見せた森岡亮太 試合は早くも、開始4分に動いた。

 シント・トロイデンのDFサミー・ムマエからMF遠藤航へのビルドアップのパスを、シャルルロワのMF森岡亮太がインターセプトに成功。これがショートカウンターの起点となり、最後はMFゲタン・ヘンドリックスがゴール正面からシュートを決めて1−0とした。

「今日はボランチへのラインをケアする役割だったので、(インターセプトを)狙っていました」(森岡)

 さらに森岡は86分、チームの2点目もアシストした。シント・トロイデンのGKが防いだFWビクトル・オシムヘンのヘディングシュートのこぼれ球が森岡の目の前に落ち、そのままゴール中央に折り返し。これを左SBヌリオ・フォルトゥナが詰めて勝利を確実なものにした。

「本当にいい感じでボールがこぼれてきましたし、相手のDFが滑ってくるのも見えました。ビクトルがいると思って出したボールで、ヌリオは見えてなかったんですが、結果的に点につながってよかったです」(森岡)

 この日、森岡が放ったシュートは4本あった。

 45分にはペナルティエリア内の狭いスペースでワンツーを交え、ドリブルで打開してシュートを放つ。53分には、右45度から左足で絶妙のループシュート。そして、直後のコーナーキックからのこぼれ球にもボレーで反応したが、いずれも相手GKにセーブされた。