2018.12.11

「七転び八起き」精神の岡崎慎司。
現状打破へシュート練習に明け暮れる

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 今シーズン2度目となる国内リーグ戦の先発も、あるのではないか──。そんな期待を胸にレスター・シティの取材へと向かったが、12月8日に行なわれたプレミアリーグ第16節のトッテナム・ホットスパー戦も、岡崎慎司はベンチスタートだった。

第16節を終えて先発わずか1試合と、厳しい状況が続く岡崎慎司 岡崎は前節のフラム戦で、途中出場ながら貴重な同点ゴールをアシストした。得点を決めたのは「練習でいい連係ができている」(岡崎)というMFジェームズ・マディソン。エースのFWジェイミー・バーディーが負傷離脱中であるため、岡崎(CF)とマディソン(トップ下)のペアでトッテナム戦に挑む可能性もあった。

 しかし、クロード・ピュエル監督がCFに選んだのは、ナイジェリア代表FWのケレチ・イヘアナチョだった。岡崎が主戦場にしてきたセカンドストライカーのポジションのない「4-3-3」のフォーメーションを採用し、左FWにマディソン、右FWにデマライ・グレイを配した。結果として、32歳のストライカーは今季リーグ戦11度目となるベンチスタートを命じられた。

 岡崎に出番が訪れたのは、トッテナムに2点のリードを許した79分。反撃に移りたいレスターは、それまでの「4-3-3」から「中盤ひし形の4-4-2」に変形し、岡崎とグレイを2トップに入れた。岡崎は局面、局面で積極的に顔を出し、攻撃を活性化させようとした。

 だが、リーグ3位につけるトッテナムは冷静に対応した。88分にマディソンのクロスボールに岡崎が合わせようとするシーンはあったが、チームも岡崎も無得点で、0-2のまま敗戦を喫した。

 第16節を終えたプレミアリーグで、岡崎の先発数はたった1試合しかない。ベンチスタートが11試合で、メンバー外が4試合と、依然として厳しい状況が続いている。

 しかし、コンディションは「完璧に仕上がっている」と言う。W杯期間中に痛めた足首のケガも完治し、軽快な動きも見せている。だが、なかなか先発出場につながらない。